BitRegion(ビットリージョン)の評判!BitRegionは詐欺?真実を調査してみた

ビットコインを利用した日利1%のプログラムBitRegion(ビットリージョン)
日本で話題になっているBitRegionについて調査してみました!

BitRegion(ビットリージョン)の運営会社

まず運営している会社はどこだろう・・・とサイトを探したりGoogleで検索してみましたが、どこにも情報がありませんでした。

もうこの時点で怪しさ満点です。

通常、こういった投資を募る会社は会社情報や登記情報を公開しているものです。
それが存在しない場合、多くの場合で詐欺である可能性が高いです。

たとえば当サイトでは日利1~3%が得られるRightRiseという投資案件もレビューしていますが、RightRiseは会社情報など正しい情報が公開されています。

RightRise(ライトライズ)の評判!RightRiseは詐欺?真実を調査してみた
最近、日本で流行しているRightRise(ライトライズ)って何? 速度違反の罰金の40%を取得して

というか、運営会社の情報が公開されている等というのはビジネスの基本中の基本であり、当たり前のことです。
それが公開できないということは、何かやましいことがあるということです。

海外での評判

海外での評判も見てみましょう。
「BitRegion」で検索して上位に出てくるサイトです。

ビットリージョンはよくあるネズミ講のスキーム

簡単に翻訳すると
「ビットリージョンはよくあるネズミ講のスキームである」と書かれています。

「人が増え続けなければ成り立たない、それ自体には何の価値もない仕組みである」

「運営者が一番儲かり、早く参加した人もそれなりに儲かり、後から入った人たちはピーナッツを手にするだろう」

という風にも書かれていました。

投資案件のモニタリングサイト

投資案件をモニタリングしている有名サイトAll HYIP Monitorsはどうでしょう。

まず通常の投資案件だとどういう雰囲気なのかをお見せしておきます。

ズラッと様々なモニターサイトが並んでいますね。
文字が小さくて見づらいですが、各モニターサイトが実際に投資をして利益を得ていることが表示されています。

対してBitRegion(ビットリージョン)はどうでしょう。

はい、誰も投資していません。

PYAING(1)とはなっていますが、1つのモニターサイトが分析しているだけで実際の投資は誰もしていません。

BitRegionがサービスを開始して、1年経過してこの状況です。

海外のハイリスク投資をモニターするはずのモニターサイトさえ相手にしていない投資案件、それがBitRegion(ビットリージョン)なのです。

BitRegionはどういう仕組みなのか

もうほぼ詐欺で確定ですが、最後にBitRegionがどういう仕組みでお金を還元しているのかをご紹介しておきます。

BitRegionではPH(寄付)とGH(受け取り)という2つの状態があります。PHしてマッチングまでに数日かかり、その間は毎日0.5%の配当が得られます。

なぜかマッチング待ちの間も収益が発生

マッチングを待っているのになぜ配当?って話です。
収益源が全く分かりません。

私だったら、こんなサービスを企画書であげてきたら、ビジネスセンスを疑うし担当者を叱り飛ばします。

つまりBitRegionとは企画倒れになるはずのサービスが、関係者が全員バカだったために、奇跡的に実現してしまったサービスだと言えるでしょう。

マッチング後は日利1%…でもなぜ?

そして、無事マッチングすると、日利1%になります。
マッチングしてから20日後に元本の引き出しができるようになります。

つまり20日後には元本が1.2倍になります。

20日後に元本を回収しようと思ったら、GH(寄付を受け取る側)になる必要があります。

しかし、どうやって収益が上がっているのか全く分かりません。

日本でしか流行っていないため、日本にしか(人を騙そうとする)解説がないので日本語のサイトを色々調べましたが、どこにも論理的な説明はありませんでした。

そりゃそうです。

バカの拡大再生産システムなので、論理的な解説なんて無くて当然です。

借りる人が日利1%以上の利息を負担するなら成立すると思いますが、そんな高い金利でお金を借りたい人は稀ですよね。
BitRegionもそういう仕組みではない
ようです。

(しかしこの場合、むしろそういう風に見せていたほうがまだ筋は通ったんですが…)

お金の貸し借りの利息でサービスが回っているわけではない、でも20日後には元本が1.2倍になる…そんなおかしな話ありますか?

そもそもマッチングって何?

マッチングの必要性が分からなくなったところで、根源的なところを考えてみましょう。
「そもそもマッチングって何だよ」ってことです。

マッチングや寄付の仕組みは一体何のためにあるのか?

BitRegionというかPaperTiger(ハリボテ)

これは、仕組みをそれっぽく見せるための「ハリボテ」です。
全くそれっぽく見えていませんが、それっぽく見せようとしている。

マッチング期間というのは、人の増え方や投資金額によって運営が自分たちの利益を確保するためにコントロールするための期間です。

資金の引き出しも順番待ちらしいですが、これもかなり危うい仕組みですよね。

結論:BitRegion(ビットリージョン)は詐欺である可能性が非常に高い

いわゆるネズミ講(ポンジ・スキーム)をそれらしく見せようとしているサイト。
それがBitRegion(ビットリージョン)の本質でした。

一瞬儲かるかもしれませんが、いつ無くなるのか分からないので手を出さないことをオススメします。

もし高収益の投資案件を探しているのであれば、RightRise(ライトライズ)の方が良いと思います。

RightRiseも同じように調査しているので、参考にしてください。

RightRise(ライトライズ)の評判!RightRiseは詐欺?真実を調査してみた
最近、日本で流行しているRightRise(ライトライズ)って何? 速度違反の罰金の40%を取得して